アスペルガー症候群の就労支援

アスペルガー症候群を抱えている人は、就職する際にほかの人とのコミュニケーションが取りにくいことから、仕事が定着しにくい傾向があります。職場で一緒に働く人の中には、アスペルガー症候群の特質を受け止めきれない人もいそうです。職場の対人関係がうまくいかないと、転職を繰り返すことになってしまいます。

アスペルガー症候群の就労支援を行っている施設があります。このような施設では、仕事を行う際に障害となりそうな欠点を矯正するプログラムを組んでいます。自分自身の欠点に気づき、興味を持った仕事に就くためのアドバイスが受けられます。最近ではインターネットの普及により、アスペルガー症候群に関する理解は進んできているため、これまで働くことが難しいと思われる場所であっても、発達障害を受け入れる職場も増えている様子です。

自分の興味に合った仕事であれば、長時間働き続けることが苦にならないという特質を持つため、環境が合えば長く働き続けることができるのではないでしょうか。勤める職場に、この障害に関する理解があり、サポートしてくれる人がいることなども重要な点です。自分ひとりでがんばるのが無理な場合は、仕事に就くための就労支援を受けてみてください。